タグ:練習用

お知らせ
新しいブログはこちらです:
http://youseidouseitai.livedoor.blog/

天気の変化が原因で起きる体調不良は、「気象病」とも言われます。めまいや頭痛、古傷の痛み、関節痛などの症状が代表的で、患者数は増加傾向にあります、特に「台風が近づくとぜんそくの発作が出る」「梅雨時に古傷がしくしく痛む」――。天気が原因で起きる体調不良は、医療現場では昔から「気象病」と呼ばれていました。
気象病として最も多くの人が挙げる症状が頭痛。ほかにも、首の痛み、めまい、耳鳴り、気管支ぜんそく、関節痛、神経痛、古傷の痛み、鬱(うつ)や不安症なども気象病の症状のひとつです、昔から、天気と体調には深い関係があることはわかっていました。
気象病の主な原因は、気圧の変化。変化は急なほど症状が強くなります。主に不調を訴えるのは気圧が低下するときですが、なかには気圧が上昇するときに不調を訴える人もいます。

イメージ 1



気圧が変化すると、人間の体はストレスを感じるため、それに抵抗しようとして自律神経が活性化されます。自律神経系には、交感神経と副交感神経があり、交感神経は血管を収縮させ、心拍数を上げて体を興奮させる働きがあります。一方、副交感神経は血管を広げて体をリラックスさせる働きがあります。この交感神経と副交感神経の調整がうまくいかないと、さまざまな体調不良の原因となってしまうのです。

イメージ 2


自律神経のうち交感神経が活発になると痛みを感じ、副交感神経が活発になるとだるくなったり眠くなったり、特に、雨が降る時や、台風の接近に伴って気圧が低下する時に症状を訴える人が多くみられます。いま時期の夏から秋にかけての台風シーズンは一番多いでしょうね。

理想的なウエストのくびれを作るには、ポイントがあります。まず1つめのポイントは、食事改善です。とくに便秘が原因でぽっこりお腹になっている場合は、食事改善で解消できることが多いです。食物繊維が多く摂れる食材を選んだり、意識的に野菜を摂ったりしてぽっこりお腹を解消しましょう。お腹が凹むだけでも、今まで隠れていたくびれが現れるはずです。

イメージ 1


2つめのポイントは、基礎代謝を上げることです。基礎代謝とは、日々の生活で勝手に消費されているエネルギーのことです。このありがたい基礎代謝を上げるには、筋トレで筋肉をつける必要があります。筋肉が脂肪燃焼を促し、基礎代謝をアップしてくれるのです。

イメージ 2


3つめのポイントは、ヨガやストレッチを取り入れることです。多くの方は、くびれを手に入れるために腹筋などハードな運動を取り入れようとしがちです。ですが、くびれはヨガやストレッチなどゆったりした動きでも作ることができるのです。普段から運動をしている方なら腹筋などの筋トレがおすすめですが、運動不足の方が急にハードな運動をすると腰を痛めてしまうこともあります……。そうした怪我を防ぐためにも、ヨガやストレッチからゆっくりスタートしましょう。

夏になると肩こりがひどくなる
「この時期の肩こりは頭痛も伴うのでつらい」という人が増えています。
なぜ夏に肩こりが悪化するのでしょうか?

イメージ 1


「夏の肩こりは、冷房が効いた室内と灼熱の屋外との寒暖差が原因です。体温調節をつかさどる自律神経はバランスを保とうとしますが、その落差は10℃前後もあるため寒暖差疲労を起こし、肩こりや頭痛といった症状が現れるのです」

夏は冷房を使っているため寒暖差疲労が抜けにくく、他の季節の肩こりや頭痛よりひどくなりやすく、人によっては体の冷え、めまい、だるさ、しびれ、食欲不振、下痢などの症状も現れると言います。

今年は東日本・西日本の暑さが尋常ではありません。気温が高くなるほど冷房が効いた室内と寒暖差が激しくなるため、例年以上に寒暖差疲労の患者さんが増えそうです。


Boston Dynamics: New Robots Now Fight Back

なんとなく体がだるい、重い(特に朝がだるい、重い)
頭がさえない
少し動いただけでもすぐに疲れてしまう
眠りが浅い気がする
歯ぎしりをしているようだ
なかなか寝付けない
寝ても疲れが取れない
休みの日にも朝からだるく、活動する気になれない
顔色が悪いとよく言われる
座っていて立ち上がるとき、度々立ちくらみがする
呼吸がしづらい
肩の力が抜けない

イメージ 1


その考えられる原因は

過度のストレスが自律神経のバランスを乱している。
ストレス →交感神経の緊張 →血流悪化 →筋肉が緊張する →体の痛みやだるさがストレスとなる →さらに交感神経が緊張する という悪循環に陥っている。
想像以上に体への負担が大きすぎて、睡眠や休息では回復が追いつかない。
無意識な緊張状態のために、筋肉や内臓などへの血流が悪くなるとともに呼吸も浅くなり、全身の細胞の栄養交換がうまくいっていない。
眠っている間も緊張が抜けず、力が入っている。
体を動かした疲労でなく、頭を使ったり細かい作業をしたことによる疲労のため、体を休めても脳が休まらない。

↑このページのトップヘ