今週末以降は、毎日決まった時間に起こる「大気潮汐」と呼ばれる気圧変化の変動が通常より大きくなっていることに加え、低気圧や前線が接近することで日本付近の気圧が低下します。
FullSizeRender

「気圧の変化が通常のパターンからずれた時」に、頭痛や関節痛などの天気痛を感じる方が多いことが分かっています。  今週末以降、頭痛や関節痛を感じることの多い方は注意が必要です。

天気痛は「気圧」がポイント

 晴れや雨などの天気の変化だけでなく、気温や湿度のほか気圧なども大きく関係していると言われています。  特に気温・湿度については、「暑い・寒い」、「湿っている・乾燥している」など、日々の体感で変化を感じられますが、気圧の変化についてはなかなか体感で感じることができません。天気痛予報は、原因となる気象要素の中でも、肌で実感しにくい気圧の変化に着目して天気痛の予測ロジックを組み立てています。ご自身の体調変化などのパターンと照らし合わせて、ぜひとも天気痛の発症する前に予防薬やマッサージなどで対策をしてみてください。