「歳(年)の暮れ」と書いて「お歳暮」。今では、お世話になった人に日頃
の感謝の気持ちを込めて年末に贈る「贈り物」を指しますが、もともとは、「
歳暮の礼」といって、新年を迎えるために必要な食べ物を実家などに持って行
く習わしだったそうです。

 最近は、インターネットでの予約が増えていますが、「もらってうれしいお
歳暮ランキング」を見ますと、1位は商品券・ギフト券、2位カタログギフト、
3位お菓子・デザート、4位お肉、5位ハム・ソーセージ、6位ホテル・名店
の味、7位カニ、8位お米、9位プレミアムビール、10位コーヒー・紅茶・
緑茶といった順になっていました。

 ちなみに、先方が喪中の場合にどうしたらよいのか気になるところですが、
喪中とは仏式では四十九日、神式の場合は五十日とされています。歳暮は「ふ
だん世話になったお礼」という性質のものなので、一般には不幸に関係なく贈
っても良いと言われています。

 ただし、亡くなってからあまり月日がたっていない場合は、贈る時期を少し
遅らせるのが良く、また、赤と白の水引が気になるのなら、白短冊を使うのも
一つの方法だそうです。尚、一家の主が亡くなった家庭には、簡単な手紙を添
えた上で「忌中御見舞」と書いて届ければ、相手への慰めにもなります。