「東京から日本を変える」と都知事に就任して13年余り。ディーゼル車へ
の排ガス規制、温暖化ガスの総量規制と排出量取引制度、羽田空港の再拡張や
東京外郭環状道路の整備再開など、国に先んじて推し進めたこれらの政策は石
原都知事の功績です。

石原氏は齢(よわい)80でその職を辞し、国政復帰を目指すと表明したこ
とにより、12月中旬ごろに行われるであろう都知事選やその先の国政選挙へ
の関心が高まっています。

選挙と言えば米大統領選挙が大詰めを迎えています。

この先、11月6日に一般投票(本選挙)、12月17日に選挙人による投
票という段取りを踏みますが、事前にどの党を指示するかを公にしている選挙
人を有権者が選ぶ一般投票で合計538名の選挙人の過半数(270名)を得
た候補がアメリカ大統領の座に就くことになるため、11月6日の投開票で実
質的に次の大統領が決まります。

ところで、今年の米ハロウィーン関連消費は過去最高の80億ドルに達する
と報じられています。10月31日のハロウィーンは、アメリカでは子供ばか
りでなく、大人がコスチュームなどを着て楽しむ一大イベントとなっており、
大人の参加率や衣装などにかける費用も増加傾向にあるそうです。

ちなみに、大統領選挙に関連して、大統領のマスクはハロウィーンで人気の
グッズの一つで、マスクの売上げが多い方の候補者が当選するというジンクス
があります。過去4回の選挙すべてでマスクの売り上げと選挙結果が一致して
いるそうです。

現在、民主党のオバマ大統領と共和党のロムニー候補の支持率は拮抗してい
ますが、マスクの売上げでは60対40でオバマ大統領が優勢となっています。