「スマホ首(ストレートネック)」という言葉をご存知ですか?
実はこれ、日本人の8割が発症している新国民病として話題になっています!

スマホ首というのは、頸椎のゆるやかなカーブが失われてしまった状態のことを指します。
ゆるやかなカーブが失われると、クッション機能が失われて頭の重みが頸椎にじかにかかってしまいます。
(ちなみに頭の重さは、体重の10%の重さになるとか。60kgの人だったら6kgとなります!  2Lのペットボトルが3本分を首が支えているなんて・・・!)

イメージ 1

頸椎の関節には多くの神経が通っていて、それが頭の重みで圧迫されると肩こりだけでなく、頭痛やめまい、手や腕のしびれ、自律神経失調症などの症状が現れてきます。
ほぼ一日中、スマホやPCを使っているという方は、もうかなりの段階まで進行していると言っていいでしょう。

イメージ 2

スマホを見ている時、皆さんはどんな姿勢ですか?
頭を前に垂らした状態で見ている人が大半だと思います。

この姿勢をピシッと正すだけでも、スマホ首の改善につながりますので、ぜひ実践してみてください。

どんな姿勢が良いかと言うと、顔の高さまでスマホを持ってくるのです!
もし長時間見るときは、脇の下に握りこぶしや、タオルを挟むと疲れにくいです!