片足だけのむくみや両足がむくんだ場合でも右足と左足でむくみの程度が大きく違う場合は何らかの病気である可能性がとても高くなります。 片足だけがむくむ場合の病気の関連性について解説します。

イメージ 1



 長い時間立っていたり、座っていたりすると病気でなくても足がむくみますが、この時は左右の足が同じようにむくみます。心性浮腫や肝性浮腫、腎性浮腫など全身性浮腫の場合も、左右の足がむくみます。一般的に、利き足の方が太くなりやすく、これは病気でなくても左右差は1cm程度あるといわれます。

 しかし、片方の足だけにむくみが出た時や、両足がむくんだ場合でも右足と左足でむくみの程度が大きく違う場合は、何らかの病気である可能性がとても高くなります。片足だけがむくむのは、片方の足に怪我をしたときや炎症、アレルギー、かぶれ、脳梗塞などで片足が麻痺した時、悪い方の足がむくみます。

 片方の足だけにむくみが出る原因で最も多いのは、静脈やリンパの流れが悪くなることです。代表的なものは、下肢静脈瘤、深部静脈血栓症、リンパ浮腫などがあげられます。これらの病気について。