2012年10月

ひと雨ごとに気温が下がる秋冷の候。今朝は多くの地域で今シーズン一番の
冷え込みとなりました。

木々が色づき始めるのは最低気温が8度を下回るようになってからで、それ
から約3週間後に紅葉が見頃となります。標高が100メートル高くなります
と気温は0.6度低くなり、北の方から、高い山々からしだいに色づいてきま
す。

紅葉前線はしだいに南下し、都内の井の頭恩賜公園や新宿御苑、鎌倉の鶴岡
八幡宮などでは11月中旬以降に見頃を迎えるそうです。

ところで、紅葉と聞いてイメージするのは赤・黄・緑などに色づいた楓(カ
エデ)で、童謡「紅葉」で「水の上にも織る錦」と歌われたのもカエデです。

紅葉を象徴するカエデは花札で10月の10点札にも描かれています。カエ
デとともにそっぽ向いた鹿が描かれたこの札(鹿十、しかとお)が、無視した
りすることを意味する「しかと」の語源だそうです。

朝食は「バナナ」1本とコーヒー、これだけで出勤という方も多
いようです。バナナには「カリウム」が豊富で、「食物繊維」や「フラクトオ
リゴ糖」、「マグネシウム」等が含まれています。カリウムは血圧を抑える効
果があり、脳梗塞や心筋梗塞、糖尿病の予防に効果があるそうです。

また、マグネシウムは新陳代謝に欠かせず、食物繊維は消化を促進し、便秘
改善に効果的。フラクトオリゴ糖には腸内のビフィズス菌を増やす効果があり、
バナナを食べると大腸がんにかかりにくいという話しもあります。

時間がない時にはすぐに食べられ、栄養豊富で美味。そして1本30円程度
と安く、手軽に栄養補給できるバナナ。本当にありがたい食材です。

ちなみに、バナナの輸入先はフィリピンが圧倒的なトップで90%超を占め、
次いでエクアドル、台湾と続きます。国内産では、沖縄県が約50%、鹿児島
県が約45%を占めています。

企業城下町という言葉は、「いわゆる」と前置きがつく通称のように思って
いましたが、経済学でも用いられる学術用語だそうです。

企業城下町というのは、特定の企業の事業所や工場及び関連会社の工場や下
請け子会社などが、一自治体における産業の大部分を占め、その企業によって
住民が主たる労働機会を与えられることで、その企業の盛衰が都市の盛衰に直
結するような都市を表した言葉です。要は、一企業によって成り立っているよ
うな自治体のことを指す言葉です。

新日鉄住金や日本製鋼所の関連施設がある室蘭市、王子製紙の工場がある苫
小牧市、日立製作所の日立市、キッコーマンの野田市、富士フィルムの南足柄
市、小松製作所の小松市、ヤマハ発動機の磐田市、ダイハツ工業の池田市、宇
部興産の宇部市、大塚グループの鳴門市、久光製薬の鳥栖市、佐世保重工業の
佐世保市等々が企業城下町です。

ちなみに、由来が同じ等の理由で、私的団体である企業名と自治体の名前が
一致するケースは多々ありますが、市名よりも団体名が先というケースは天理
市と、挙母(ころも)市から名称変更した豊田市のみです。

企業の隆盛により、その地域に関連産業を呼び込み、雇用を生み、市税収入
も膨らみます。住民が増えれば、住宅や商店、学校、病院なども必要になり、
自治体側も増大する税収によって社会インフラを拡充し、そこからまた新たな
雇用が生まれ・・・といった好循環となるのが理想的な形です。

しかし、企業が競争に破れ、循環が逆回転すれば、企業城下町が被る痛手は
相当なものになります。

シャープ亀山工場では当面人員削減はなく、雇用は維持される見通しと報じ
られていますが、当の亀山市ではピークだった4、5年前のような活気はなく、
一時は満室だったアパートも今は空室が目立つそうです。

三重県亀山市と同じく、シャープの栃木工場が立地する栃木県矢板市では、
今回が2度目ですが、シャープの経営再建を支援するため同社製の家電製品を
購入した市民らを対象に購入額の一部を助成することを決めたそうです。

長時間パソコンに向かって細かい字を見ていたり、また書類と格
闘していたりしますとどうしても目が疲れてきます。そんな時、ふと窓から見
える木々の緑にホッとしたりすることがあるかと思います。

よく、緑が目にいいと言われますが、それは緑色が目にいいというよりも、
自然を眺め、遠くの風景を見ることで、結果的に目の神経と筋肉を休めるから
というのが定説ですが、緑色自体にも効果はあるそうです。

元来、色には思わぬ効果が潜んでいます。例えば、「赤」は細胞を活性化さ
せ、下着類に赤い色を選ぶと元気になるといいます。昔からの赤フンにも意味
があったのです。また、「青」は興奮を静めるそうです。青色は心を落ち着か
せますので、勉強部屋に青を使うと勉強がはかどるといいます。落ち着きのな
い子供には青色を着せるとおとなしくなるともいいます。

そして、「緑」。この色は他の色に対して補色にあたりますが、様々な色の
情報を受け取っている目の細胞にとって緑色は沈静効果をもたらすそうです。



「東京から日本を変える」と都知事に就任して13年余り。ディーゼル車へ
の排ガス規制、温暖化ガスの総量規制と排出量取引制度、羽田空港の再拡張や
東京外郭環状道路の整備再開など、国に先んじて推し進めたこれらの政策は石
原都知事の功績です。

石原氏は齢(よわい)80でその職を辞し、国政復帰を目指すと表明したこ
とにより、12月中旬ごろに行われるであろう都知事選やその先の国政選挙へ
の関心が高まっています。

選挙と言えば米大統領選挙が大詰めを迎えています。

この先、11月6日に一般投票(本選挙)、12月17日に選挙人による投
票という段取りを踏みますが、事前にどの党を指示するかを公にしている選挙
人を有権者が選ぶ一般投票で合計538名の選挙人の過半数(270名)を得
た候補がアメリカ大統領の座に就くことになるため、11月6日の投開票で実
質的に次の大統領が決まります。

ところで、今年の米ハロウィーン関連消費は過去最高の80億ドルに達する
と報じられています。10月31日のハロウィーンは、アメリカでは子供ばか
りでなく、大人がコスチュームなどを着て楽しむ一大イベントとなっており、
大人の参加率や衣装などにかける費用も増加傾向にあるそうです。

ちなみに、大統領選挙に関連して、大統領のマスクはハロウィーンで人気の
グッズの一つで、マスクの売上げが多い方の候補者が当選するというジンクス
があります。過去4回の選挙すべてでマスクの売り上げと選挙結果が一致して
いるそうです。

現在、民主党のオバマ大統領と共和党のロムニー候補の支持率は拮抗してい
ますが、マスクの売上げでは60対40でオバマ大統領が優勢となっています。

↑このページのトップヘ