2012年07月

梅雨明けと同時に厳しい暑さに見舞われた影響で、熱中症で搬送される人が
急増しています。

 熱中症の予防には水分の補給が欠かせません。暑くも寒くもない状態で、蒸
発や排泄などによって成人が1日に失う水分量はおよそ2.5リットル程度と
言われています。

 失った分を補うためには、1日3食の食事中に含まれるおよそ1リットルの
水分を差し引いて、1.5リットルは飲料から摂取する必要があり、暑い日や
汗をかいた日にはプラス1リットル、合計2.5リットル程度の摂取が望まし
いとされています。

 水分や塩分の補給のタイミングは、「まだ大丈夫」とか「汗をかいてないか
ら」といった感覚に頼っては絶対にダメで、程ほどの量を、意識的にこまめに
補給することが大切です。

 なお、水分補給を手軽なコーラやスポーツドリンク、清涼飲料水などに頼る
と、糖分の過剰摂取になる可能性があるため危険です。

 一度に大量に糖分を摂取すると血糖値が上がり、血糖値が上がると本能的に
それを薄めようと水分を欲して喉が渇き、喉の渇きに任せてさらに甘い飲み物
を飲むという悪循環に陥ってしまいます。

 そうなってしまうと血糖値が上がった状態になり、血糖値を一定に保つイン
スリンの働きが一時的に低下。症状が悪化しますと意識がもうろうとしたり、
とつぜん昏睡状態に陥ることもあるそうです。

 ペットボトル飲料のがぶ飲みから起こることが多い急性の糖尿病であること
から「ペットボトル症候群」と呼ばれており、水分や塩分の補給を意識する一
方で、糖分を摂り過ぎないよう注意が必要です。

こんばんは。養生堂です。

 猛烈な暑さとなった3連休最終日の昨日、熱中症とみられる症状で1人が死
亡、少なくとも682人が救急搬送されたそうです。

 ちなみに熱中症とは、外気における高温多湿や運動などによる体温上昇等が
原因となって起こる症状の総称で、体温を維持するための生理的な反応によっ
て生じた失調状態から、全身の臓器の機能不全に至るまで症状は様々ですが、
症状によって以下の3段階に分類されています。


 1(軽症) ・体に力が入らなかったり、こむら返り(ふくらはぎや足の裏
        の筋肉などが突然痙攣を起こし、強い痛みを伴うこと)。

        ※多量の発汗の中、塩分などの電解質が入っていない水のみ
         を補給した場合に起こりやすい。

       ・立ちくらみや数秒程度の失神。

        ※運動をやめた直後に起こることが多い。


 2(中等症)・顔面蒼白、めまい感、疲労感、虚脱感、頭痛、失神、吐き気、
        嘔吐などのいくつかの症状が重なる。


 3(重症) ・意識障害や過呼吸、立てないなどの症状が、中等症の症状と
        重なり合って起こる。

 
 中等症や重症の症状が見られた場合には、まずその人を涼しい場所に移し、
首や体を締め付けるようなボタンやベルトをはずし、体を冷やすようにするな
どの応急処置を行い、救急車を呼ぶ必要があります。旧分類で「熱射病」と言
われる重症型熱中症は、死亡率が30%に達する極めて危険な病態です。

 尚、本日も関東や関西、九州地方の一部に出されていましたが、気象庁では
最高気温が35度以上になることが予想される場合に「高温注意情報」を発表
して、熱中症への注意を呼びかけています。

 また、本日は四国、中国、近畿、東海、関東甲信の各地方が梅雨明けし、い
よいよ暑さも本番です。皆様におかれましても体調管理には、十分にお気を付
けください。

イメージ 1こんばんは。養生堂です。

 節電の夏で、暑さ対策も様々ですが、暑苦しさを和らげる方法として意外に
効果があるのが色使いです。

 涼感をイメージさせる色としては、寒色と言われる「青」が代表格で、青色
は私たちの感覚に少なからず影響を及ぼします。

 涼感とともによく言われるのが鎮静効果(リラックス効果)で、青色は落ち
着きを促し、心身の回復力を高める効果があります。この鎮静作用によって血
圧降下の効力もあると言われており、高血圧治療のために病室にさりげなく青
色のものを取り入れている病院もあるそうです。

 色は時間感覚にも影響を及ぼしており、寒色系の青色を配色することにより
時間の経過を早く感じ、集中力が高まるとされています。

 また、青色の鎮静作用には、衝動的な犯罪や自殺を抑止する効果もあるとさ
れ、街の街灯や踏切の照明に取り入れているところもあります。

 なお、タブレット端末などの電子機器に使われているLEDには青色系の成
分が多く含まれており、そうした機器を直接を見ることによる覚醒効果も指摘
されています。

 寝室に青色の物を過度にならない程度に配置するのは良いのですが、電子機
器などの青色光を直接見るのは逆効果になる可能性がありますのでご注意くだ
さい。

こんばんは。養生堂です。

 一年の区切りの大晦日に、その年の穢(けが)れを祓(はら)い、その先の
無病息災を願うのと同じように、明日の6月晦日にも、半年分の穢れを祓い、
これからの息災を祈願する「夏越の祓(なごしのはらい)」が各地の神社で行
われます。

 夏越の祓は、衛生事情が悪化するこの時期にあらためて無病息災を祈願し、
これからの半年を大過なく過ごすための大切な神事であるとともに、夏の訪れ
を告げる行事でもあります。

 ところで最近は、食中毒の多発が予想される場合に発表される「食中毒注意
報」が岡山県の全域に発令されました。

 食中毒の原因は主に細菌ですが、細菌が増殖するためには、栄養・水分・温
度の三要素が不可欠です。栄養と水分はすでに食品中に存在しており、気温が
高くなることで菌が繁殖しやすくなります。さらには湿度が高いと本来乾燥気
味の食品も空気中の水分を吸収してしまい、菌の増殖を助長します。

 下記「食中毒予防の三原則」を守り、各家庭でも食中毒の予防を心掛けたい
ものです。


 1.清潔(菌をつけない)

   食中毒を引き起こす細菌を食品につけなければ、食中毒は起こりません。
   手指・調理器具や衣服などを清潔に保つことが大切です。

 2.迅速または冷却(菌を増やさない)
   
   つくり置きはやめ、食品は早めに食べる。食材を購入する場合は、生肉
   や魚介類は一番最後に買い、常温で放置することなく素早く冷蔵庫に入
   れます。庫内にモノを詰め過ぎず、庫内温度は菌が繁殖しにくい5度以
   下が目安。

 3.加熱(殺菌)

   ほとんどの細菌は熱に弱いので、食品の中心部まで十分に加熱すること
   が効果的です。また、使った調理器具はよく洗い乾燥させ、まな板やふ
   きんなども煮沸したり、漂白剤につけ、よく乾燥させます。


 食中毒は、最悪の場合は命を落とす危険性もあります。皆様も十分にご注意
くださいませ。

↑このページのトップヘ